読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ASP.NET MVCの学習

仕事でWEBの仕事が来そうなんで、当然時代はMVCっしょってことでこの年末の開いた時間にASP.NET MVCを勉強。部分的に動かしたことはあったもののこうやってじっくりと勉強したことは無かったです。環境はVS2013、Framework4.5、希少種のVBですw

以下やったこと。

ASP.NET MVCチュートリアル

Getting Started with EF 6 using MVC 5 : The Official Microsoft ASP.NET Site
Getting Started with ASP.NET MVC 5 : The Official Microsoft ASP.NET Site
MVC Music Store : The Official Microsoft ASP.NET Site

MSDNにあるMVCチュートリアル3本。3本めはMVC3でよりショッピングサイトに近いような内容です。サイトは英語ですが機械翻訳でもなかなかの精度でなんとか意味は伝わってきたので問題は少なかったです。チュートリアル自体はC#なもんでVBに写経しながらやるわけですがRazor構文が一番苦労しました。なかなかVBの構文を解説しているところが見つからず時間がかかりました。

認証部分

新しい認証の仕組み ー ASP.NET Identity | どっとねっとふぁん
ASP.NET Identity を読み解く | どっとねっとふぁん
ASP.NET Identity プロファイルの追加 | どっとねっとふぁん
ASP.NET Identityカスタマイズに挑戦 - かずきのBlog@hatena

認証部分はこのお二人のサイトを参考にさせていただきました。ログインは欠かせない機能なのでキチンとフレームワーク側で提供してくれているのにもかかわらず、自力でやってしまうようなアホなことを今までやっていたので力を入れて勉強しました。
小野さんのところではテンプレートに入ってくるIdentity認証の拡張方法、かずきさんのところでは認証なしのアプリに独自クラスを利用した認証処理の実装を学びました。
小野さんが記事中で仰っている「メールアドレスをユーザー名として使うことができない」って部分はUserValidatorクラスのAllowOnlyAlphanumericUserNamesプロパティで解決できました。

CType(Me._UserManager.UserValidator, UserValidator(Of AppUser)).AllowOnlyAlphanumericUserNames = False

ここまでやってやっぱり気になるのは、HTML5と標準で入ってくるBootstrapやjQueryなわけで、そっちの方も改めて勉強(中)しました。それはまた次回。